So-net無料ブログ作成

富山の観光情報フリーペーパー、ロカルちゃ!vol.5 [富山名物]

2012-03-19 07.55.38.jpg
一瞬、アニメ雑誌か?と思うような表紙。
これ、富山県の観光案内のフリーペーパーです。




ロカルちゃ!第5号は、アニメ・まんが編と題し、
富山県内の聖地(アニメやマンガに出てくる実際の風景)や、
富山県出身の漫画家である藤子不二雄両氏のゆかりの地、
お土産や今後のアニメ系取り組みなどを紹介。
「え?これ、フリーペーパーでいいんですか?」と疑いたくなるような充実内容。
書店に売っている一辺倒な観光案内誌よりも、富山県に行きたくなる度数が大幅アップ。


何で私がこれを持っているかというと、
新・新潟名物図鑑内の写真を(たった1枚ですが)提供したからです。
ありがとうございました。


ロカルちゃ!第5号を読んでわかったのは、富山県のアニメまんが産業における勝算。
古典(ドラえもんなどのスタンダード)からニューウェイブ(ピーエーワークス)まで、
誰もが知っていてるものと通好みが知っているものがあり、
そして共に「商品化しても需要がある」ところが明確な強みとなって現れているところ。

しかも今後の取り組み「あみたん娘」の設定、
高岡大仏の化身の「あみたん」小学生女児「かのん」「せしる」が、
「阿弥貴(あみたか)」「カノン」「セシル」と大人に変身し、
そのキャラデザが「このキャラ見たことある、それ関係の人?」とすごい人だったりして、
たまらない人はたまらないことになるでしょう。



一方、マンガ・アニメを活用したまちづくり構想検討委員会を擁する新潟市。
古町5のドカベンストリート、バスのドカベン号・犬夜叉号、にいがたマンガ大賞、
アニメ・マンガフェスの開催など、取り組みは様々行われていますが、
ロカルちゃ!の表紙のインパクトに比べると、まだまだ足りない気がする。



結論 勝算=マーケットリサーチが。



新潟では、新潟大学生協(旅行部門)とアニメイトに置いてあるそうです。


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 4

りとるへるぷ

はじめまして。いつも楽しく見ています。
ドカベンの銅像は、街中より
新しい野球場のそばに置いたほうが
県外の人にアピールできる気がします。
どうせなら一刻館でも作ればいいのに、と思うのですが、
一般的には、犬夜叉>めぞん一刻なんでしょうか。
by りとるへるぷ (2012-03-24 01:15) 

ニュー本間

りとるへるぷ様
どうもはじめまして。
古町からドカベン銅像を移動するには、商店街の同意とお金が必要になり
実現可能性が低いと思われるので、
球場のそばにレプリカや等身大ポップなど
置いておくのもいいなあと思いました。
でもドカベンスタジアムという名前がネーミングライツ収入で
駆逐された経緯があるので、なんとも言えませんが・・・(x_x;
一刻館はいいですねえ。
いろいろ言いたいことが出てきたのですがキリがないのでこのへんで・・・。

by ニュー本間 (2012-03-24 22:59) 

りとるへるぷ

こんにちわ。
前回は夜中だったせいか、ちょっとおかしなテンションで
書き込んでしまいました。すみません。
ドカベンは商店街が望んでいたのですね。
勉強になりました。
個人的には新潟出身の漫画家の原画でも飾ったほうが
安上がりで人目を引く気がするのですが(と、
また余計なことを書いてしまいました。)
できれば、ニュー本間様のような方が
市のマンガ行政(?)に参加してくれたら良いのに
と思います。長々と失礼しました。
by りとるへるぷ (2012-03-25 13:36) 

ニュー本間

りとるへるぷ様
いろいろありますが、市のマンガ行政(?)には、
わざわざ遠くから新潟までやってきてよかったー!
と言えるようなチョイスをしてもらいたいと思います。
参加する機会は全くありませんが・・・。

by ニュー本間 (2012-04-01 00:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。